古物営業法で本人確認書類が必要らしい

古物営業法という法律があるらしいんですが、なんでも、盗品や窃盗により出回っているものを迅速に発見できるように、また取り締まれるように制定でされたものらしいです。(かなりいい加減なん解釈なので、詳しく古物営業法について調べてみてくださいね)
たしかに、リサイクルショップで売っているものって、中には盗品が混じっている可能性もありますよね。
だから、リサイクルショップなどで買取をしてもらう時って、身分証明書を提示しないといけないんですね。
ブランド宅配買取なんかでも身分証明書は必ず必要みたいです。
本人確認書類が必要みたいで、ブランディアについてここが参考になりました。
よく、リサイクルショップや古本屋に要らないモノを売りに行くのですが、そのときって必ず運転免許証を提示して、さらに番号を控えられているんです。
個人情報なので、あんまり控えてほしくないなぁなんて思っていましたが、たしかに窃盗品の可能性もあるので、しょうがないですよね。
なんか、納得出来ました。
自転車なんかだと、防犯登録をしてシールが貼ってありますが、ほかのモノってそういうわけじゃないですものね。
古物営業法についてもう少し勉強してみたいと思います。
もし、なにか新しい発見があったら、またご報告しますね☆

明日は雨かしら

昨日、娘のお布団干しましたが、今日もまた干しています。

明日は雨の予報でまとまった降りだそうです。お洗濯は今日のうちに!とのことなのでできることは今日やってしまおうと思います。

とはいっても月末の大掃除も先週のうちに終わっているし、週末の大物洗いもまだ今週はじまったばかりなのでないし…。

今日もお洗濯日和というわりに天気予報では12時くらいまでが晴れマークで午後はずっと曇りのマークでした。

お昼までは日差しが期待できそう。干すと確実に重さが違いますよね。

毎回驚いています。

人は一晩にかく汗の量ってコップ1杯とか言われてますが、本当はバケツなんじゃないの?というくらい干す前と干した後で布団の重さが違います。

いつもお布団干していて疑問に思っています。しかも、敷き布団でなくてかけ布団の話。

敷き布団ならまだわかりますが…。

不思議じゃありませんか? 本当は私たちの布団も毎日でも、晴れていさえすれば毎回干したいところ。

ですが、大きすぎてひとりでは干せません。娘の羽毛布団はシングルで私一人でも干せます。