グリーンスムージーって酵素もとれるの?酵素ドリンクとの違いとは

グリーンスムージーって酵素もとれるの?酵素ドリンクとの違いとは

グリーンスムージーは、フレッシュな野菜やフルーツを、そのままドリンクにして飲むことができます。
グリーンスムージーには、加熱されていない食材が使われるので、新鮮な酵素をそのまま口にすることができます。
グリーンスムージーからも、新鮮な酵素はたっぷり摂れますが、酵素ドリンクとの違いも気になるかもしれません。

 

酵素ドリンクも大人気の健康ドリンクですが、大きな違いとしては、発行しているかどうかという点です。
酵素ドリンクは、野菜や果物を発酵させているのが特徴のドリンクになります。
酵素をたっぷりと摂取できますが、出来上がるまでには長い時間が必要です。
2つの違いは、こういった発行されているかどうかにあるんどえす。
野菜やフルーツの食材より抽出したエキスを、しっかりと発酵させて仕上げますから、発酵食品の扱いになります。
瓶などに入って販売されており、健康にも良いですが、お値段が少し高いのは難点かもしれません。

 

新鮮な野菜や果物が健康に良いのはわかりますが、生野菜をたくさん食べるのは大変です。
野菜は1日に、350gから450g食べるのが理想と言われています。
しかし、現実的にはサラダだけで食べるのは、大変なものです。
そこで便利に摂取ができるのが、グリーンスムージーです。
生の野菜やフルーツを、そのまま使用するために、酵素は壊さないでたくさん摂取することができます。
グリーンスムージーであれば、すぐに野菜や果物で作れますから手軽なものです。